総合口座申込書の記入例

 ゆうちょ銀行・郵便局に備えてある総合口座利用申込書です。人格なき社団が口座開設する場合の記入例を作ってみました。
✿団体口座には管理者を設定するため、会の所在地に続けて代表者○○○○と記入します。なお、団体口座の管理者を会長でなく会計にする場合は、代表者の部分を会計担当者とし、続けて会計担当の氏名を記入します。また、その場合の口座開設は、会計担当者が窓口に出向いて行います。
✿ゆうちょATMを利用すれば、1円単位の預払いが可能です。キャッシュカードを希望するのであれば、通帳だけでもATMの預払いが出来る様に「☑通帳とカード」欄にレ点を入れる事をお勧めします。付随するデビットカードサービスですが、「キャッシュアウトサービス」も始まりましたので、その点も考慮してデビット機能を付加するかどうか、検討されてはいかがでしょう。
✿ネット経由での各種照会や送金機能を付加するには、ゆうちょダイレクト/ゆうちょ版ネットバンキングの申し込みが必要です。(口座を解約しない限りは、いつでも申し込みが出来るので、まずはメリット・デメリットについて熟考して下さい。)

ゆうちょ銀行・団体の口座開設・総合口座利用申込書の記入例の画像(旧称は、ぱるる)

❖総合口座利用申込書のオートスウィング基準額は 1,300万円以内の金額を指定します。ゆうちょ銀行は、通常貯金(通常貯蓄貯金を含む)の預入限度額が同一名義につき 1,300万円です。ちなみに、通帳の現在高が設定したオートスウィング基準額を超えている場合は、基準額までの金額が通常貯金の預入金となり、基準額を超える部分は、振替口座(振替貯金)の預り金(無利子、預り限度額なし)となります。仮に、1億円の着金があっても貯金残高が 1,300万円をオーバーしないのは、この仕組みがあるからなんですね。
アルファベット表記の人格なき社団が口座を開設する場合、規約の名称に誤りが無いかを再確認しましょう。会の呼び名がランウェイで、正式な表記を「RUNWAY」としているのに、「RUN␣WAY」とスペースを入れたり「RunWay」や「RUN・WAY」といった誤記があると修正が必要です。