人格なき社団とは?

 人格なき社団とは、団体としての組織を備え、多数決の原理が働き、構成員の変更にかかわらず団体が存続し、その組織において代表の方法、総会の運営、財産の管理など、団体としての主要な点が確立している組織だそうです。それらの基本となる運営や活動のルールを定めたものが「規約」ですね。


最高裁判例(昭和39年10月15日)


最高裁判所の判例によると、権利能力なき社団(人格なき社団)とは・・・

1)共同の目的のために集結した人と人との結合体である。

2)団体としての組織を備えている。

3)多数決の原理に基づいている。

4)構成員の変更にかかわらず、団体が存続する。

その組織によって代表の方法、総会の運営、財産の管理、その他団体として主要な点が確定しているものを指す。


民事訴訟法


第3章 当事者
第1節 当事者能力及び訴訟能力

第29条
(法人でない社団等の当事者能力)
法人でない社団又は財団で、代表者又は管理人の定めがあるものは、その名において訴え、又は訴えられることができる。

※上記のように訴訟手続きには定めがあり、訴訟の当事者となることができる団体には限りがあり、任意団体と一口に言っても、権利能力なき社団(人格なき社団)といわれる団体と、取り決めが曖昧な任意団体とでは、法的な権限や預金保険機構での「名寄せ」等、違いがあるようです。

 自治会・PTA・同窓会・サークル等が、ゆうちょ銀行の総合口座を開設するときは、それらの要件が確立されている事を、ゆうちょ銀行・郵便局に「規約」「名簿」「活動実績が確認できる書類」などで明示します。団体口座を開設するにあたり、現行の規約に要件不足があれば、総会の決議を経て、規約を改定する方法もあります。古くから善意の活動をしているけど、規約が明文化されていない…という会だって存在すると思います。
 窓口の方は、規約の作成や整備とは無関係です。ゆうちょ銀行や郵便局は関与しない、団体規約・議事録など、口座開設のポイントを下部のリンク先にまとめました。